【2019台風19号】どうして台風が来ている時にダムの緊急放流をするの?【城山ダム】

2019年10月12日(土)17:00より相模原市の城山ダムが緊急放流を実施します。

どうして台風が来ている中、危険な緊急放流を行うのでしょうか?

城山ダムが緊急放流を行う理由

昨日の夕方から、今日の大雨に備えて川の水位を調整しながらじわじわと放流していました。

しかし、今日の大雨で限界水位になってしまったため、緊急放流を行います。

理由は、ダムが壊れるのを防ぐためです。

万が一ダムが壊れてしまったら、緊急放流するより被害が大きくなってしまうからです。

相模川流域に住む方の声

ダムが壊れるのを防ぐためなのは解ります。

ダムのプロが管理しているのに、台風が来ることは解っているのに、もっと早く対応できなかったのでしょうか?

ダムの緊急放流による影響の具体例

四国では台風が来てダムが満杯になり、どうしようもなくなって放流し、多くの方が亡くなったり床上浸水しています。

放流してしまった後は運任せみたいになります。

でもこのような事態は各ダムが経験しないと分からないので仕方ない面もあります。

城山ダムの緊急放流についてのまとめ

避難する時間を取るためにあらかじめ17時という時間を決めて放流します。

計画放流ではありませんので、その後どんなことが起こるかは分かりません

相模川付近に住んでいる方は、必ず高いところに避難するようにしてください。